« 天空の響き 大地の鳴動 | トップページ | 「にぎみたま」の皿 »

2004.01.01

平成十六年を迎えて、

富士山を拝む

平成十六年がはじまりました。
明けましておめでとうございます。
本年が皆様の元気で充実した年となりますように、
願っております
そして、平和な世界の実現を祈念申し上げます。

さて、十六という数は、
宇宙を表わす16方の菊のご紋の数であります。

また、北インドの古典音楽では、
16拍で循環するティンタール
と呼ばれるリズムが最もポピュラーで、
北インド古典音楽のリズム理論である
「タ−ラ=Tala」を学ぶ時には、
先ずティンタールのリズムからはじめます。

1拍目をSamといいますが、
はじまりの音であると同時に、
変奏の辿り着く最後の音でもあります。
輪廻転生の世界観を想わせるような流れですが、
北インドの古典音楽のタ−ラというリズム理論では、
「リズムが循環している」
という考え方が大前提となっています。

その理論のなかでも「ティハイ=Tehai」
と呼ばれるものがありますが、
それは循環するリズムのなかで、
同じ長さのフレーズを3回やり、
最後の音がサイクルの1拍目に至るという方法です。

16拍子の代表的なティハイのかたちとして、
1拍目から11拍のフレーズを3回くりかえすことで、
11x 3=16x 2+1=33となり、
最後の音が16拍が循環した3サイクル目の
1拍目に至るようになるものがあります。

このティハイは、「変奏の終わりの合図」
として機能しています。

北インドの古典音楽は、
旋律とリズムのルールが決まっている上で、
そのルールを守りながら、
即興で演奏を発展させてゆくというものですが、
ティハイによって相手の変奏の終わりが判るので、
終わったと同時に1拍目から変奏を交代して
はじめることも可能になります。

というようなコミュニケーションのルールがあるので、
即興で進んでゆく音楽ですが、
ルールを学べば、スムーズな意思疎通が可能になります。

正月早々、リズムの話になってしまいましたが、
今年もこの大宇宙のリズムを感じつつ、
演奏活動を続けて行きますので宜しくお願い致します。

16x16=256Mbが、
メモリの基本単位となっていることも興味深いことです。

今年は猿年ですが、獅子16の話で幕を明けました。

数字にはそれぞれに「象徴としての意味合い」
などもあるので、気になることのひとつです。

image_manekineko.jpg

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
合掌
逆瀬川健治 拝

|

« 天空の響き 大地の鳴動 | トップページ | 「にぎみたま」の皿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成十六年を迎えて、:

« 天空の響き 大地の鳴動 | トップページ | 「にぎみたま」の皿 »