« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.16

Ustad Vilayat Khanさんの訃報

ustad. Vilayat Khan-.jpg
Photo by Kouji Hirayama

「Ustad Vilayat Khan さんが、亡くなられた!」
Khan さんの親戚である友人からの電話でした。
その時、ちょうど大日如来を拝んだ直後でしたので、
とても不思議な気持ちのする報に感じるものでした。

3月14日(土)23:25 ムンバイにて永眠。
享年76歳。肺がんだったそうです。
ご冥福をお祈り致します。

「Sitar maestro Ustad Vilayat Khan
died of prolonged illness at a hospital
in Mumbai late on Saturday night,
hospital sources said. He was 76.
Khan breathed his last at the Jaslok Hospital.
He was suffering from lung cancer,
the sources said.
He was admitted to the hospital on February 26.
The end came at around 2325 IST.
His body is being flown to Kolkata
where his last rites will be performed on Monday,
a family member said.」 rediff.com

ウスタッド ヴィラヤット カーンさんは、
エタワ・ガラナ(流派)の継承者として、
世界的に活躍していたシタール奏者です。
数多くの名盤を残し、その生涯に渡る演奏活動は、
北インド音楽界の巨匠として歴史に刻まれています。

わたしは、1975〜6年頃のレコード、

「AMEER KHUSROU-A TRIBUTE」
(RAGA SAAZGILI GAT IN TINTAL)と

「THE SITAR STUDDED WORLD OF
  USTAD VILAYAT KHAN」
(RAGA AHALIYA BILAWAL/RAGA PURIYA
GAT IN TINTAL)

が大好きで、よく聴いています。名盤ですよね!
両方ともタブラはベナレス ガラナの巨匠である
PANDIT KISHAN MAHARAJさんが演奏しています。

ヴィラヤット カーンさんが元気なころに、
カルカッタで毎年行われている有名な音楽祭、
「Doverlane Music confference」で、
威風堂々と演奏するお姿を拝見できたときには、
本当によい時間を過ごさせていただきました。

合掌 kenjee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »