« インド音楽・秋風の響き | トップページ | MAMMAでのライブと食事会 »

2004.10.22

「イスラジの調べによせて」

image_supaceG.jpg

名古屋のビーナトレーディングさんの主宰する
スペース・ジーというライブスペースで、
「イスラジの調べによせて」と題した演奏会があり、
中村仁さんの演奏するイスラジと共演をしました。

image_jin-space-G.jpg

演目は、はじめに朝のラーガとして有名な
ラーガ アヒールバイラヴ(Ahir Bhairav)を
ティーンタール(4+4+4+4=16拍子)で演奏。
オーソドックスな古典音楽のスタイルでしたので、
40分位の演奏になり、終了後に少し休憩をしました。

後半では、中村仁さんのCD「獣の数字」に入っている、
「樹を植える人」というタイトルの曲を演奏しました。
これは、ラーガ ゴラク(Gorak)をベースにした
ルーパクタール(3+2+2=7拍子)の曲です。

そして、ラーグマラ(Raga mala)といって、
いろいろなラーガが次々に出て来る曲を
シタールカーニ(4+4+4+4=16拍子)で演奏。

ラジャスタンにあるピンクシティとして有名な街、
ジヤイプールというところにいったときの印象を
曲にしたというオリジナル曲「ジャイプーリ」を
ダッドラタール(6拍子)で演奏。

最後は、「祭りの宵」と題したノリのよい曲を
カハルヴァ タール(8拍子)で演奏しました。

スペース・ジーは音響設備がとてもよいので、
イスラジとタブラの共鳴した音が響いて
とても気持ちのよい音空間になりました。

はてなダイアリーの猫の日記に、
コンサートの感想が書かれているのを発見!

演奏会終了後には、きよしさんの作った
おいしいカレーをみんなでいただきながら、
歓談のひとときを過ごしました。

主催していただいたビーナトレーディングさんと、
集っていただいたみなさまに感謝しています。

合掌
kenjee

|

« インド音楽・秋風の響き | トップページ | MAMMAでのライブと食事会 »

コメント

先日のライブ、お疲れ様でした。とても楽しい時間を過ごすことができました。相手の楽器によって逆瀬川さんのタブラの音の印象が色々と変わるので、それを聴くのがとても好きです。
勝手な事を色々と書いています。ずっと内緒にしておくつもりだったのですが、見つかってしまいました。。

投稿: 猫の日記 | 2004.10.26 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラジの調べによせて」:

« インド音楽・秋風の響き | トップページ | MAMMAでのライブと食事会 »