« 「イスラジの調べによせて」 | トップページ | SOUNDS OF CONTINENT »

2004.10.23

MAMMAでのライブと食事会

image_manma.jpg

阪急京都本線の水無瀬駅の近くにある
オーガニック・レストラン「MAMMA」にて、
バンスリ奏者のカルロス・グエラ氏と、
タンプ−ラを演奏する奥さんの中村徳子氏と共に
北インド古典音楽の演奏会をやらせていただきました。

image_calros.jpg

はじめに、最もポピュラーな夕べのラーガで、
平和(=シャンティ)の情感(=ラサ)を表現する
ラーガ・ヤマンをティンタールで演奏しました。

2曲目は、5音階のパワフルなドルガ女神の曲、
ラーガ・ドルガをティンタールで演奏しました。

カルロスさんは、スペインのマドリード出身、
インド・ネパールで古典音楽のバンスリを学び、
現在は、中村徳子さんと一緒に京都を拠点として、
日本各地、スペイン、インドを旅して、
精力的に演奏活動を続けています。

これまでに、一緒に北海道ツアーをはじめ、
全国各地で共演させていただく機会がありました。
とても気さくな人柄で、料理の腕前も達者です。
彼のつくるパエリアはとてもおいしかったです。

タンプ−ラを演奏してくれた中村徳子さんは
北インド古典声楽(カヤール)を学んでいます。

11月の下旬にも、関西、四国、山陽、日立と
一緒に演奏旅行をする予定になっています。

「MAMMA」さんでは、はじめての演奏会でしたが
あたたかく迎えていただき有難うございました。
また、たくさん集っていただいたみなさまにも感謝!
そして、香屋の高瀬美香さんのお導きに感謝しています。

演奏会の後は、MAMMAさんが腕を振るった
オーガニックのおいしい食事をいただきました。
珍しい料理もあって、和気藹々のひとときでした。

合掌
kenjee

|

« 「イスラジの調べによせて」 | トップページ | SOUNDS OF CONTINENT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAMMAでのライブと食事会:

« 「イスラジの調べによせて」 | トップページ | SOUNDS OF CONTINENT »