« LOS PUERTOS | トップページ | DESERT TO MOUNTAIN »

2004.10.09

明治大学文学部シンポジウム

image_sushuma02.jpg

「東洋史からアジア史へ-変わる世界史、広がるアジア-」
と題するシンポジウムが、明治大学 文学部
史学地理学科東洋史学研究室の主催で開催されました。
大型台風22号の来襲している最中でしたが、
とてもたくさんの方々が集っていました。

image_sushuma01.jpg

東京芸術大学で講師も務められている
シタール奏者、スシュマ・オマタさんの
お話とシタール演奏のアトラクションでは、
楽器の解説や、北インド古典音楽、ネパール民謡、
そして日本の童謡の演奏がありました。

りっぱなリバティ・タワーの中はとても複雑で、
駐車場から控え室と会場の間の迷路のような道を、
文学部の先生方のあたたかいお導きにより、
迷うことなく行動させていただきました。 

先生方の研究の話も少し聞かせていただくことができて、
勉強になるひとときを過ごさせていただきました。
写真は、佐野先生が撮ってくれたものです。
大変お世話になりありがとうございました。

帰る頃は、台風の暴風雨がとても激しくて、
交差点ではビルの谷間風であおられた雨が
ぶつかりあって渦巻いていました。
大自然の勢いを痛感するひとときでした。

合掌
kenjee

|

« LOS PUERTOS | トップページ | DESERT TO MOUNTAIN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治大学文学部シンポジウム:

« LOS PUERTOS | トップページ | DESERT TO MOUNTAIN »