« LIVE at CROCODILE | トップページ | 中村仁・インド音楽 リサイタル »

2004.11.20

Live at 3・4 sun-sea 

渋谷のサン・シーで、Holy-Shanthiの主催による
北インド古典音楽の演奏会がありました。

image_sun-sea.jpg

サン・シ−は、渋谷で小松さんのやっている
とても雰囲気のよい、くつろげる空間のお店です。
はめさんが内装をしたお店としても有名です。
はめさんは80年代に下北沢でやっていた「あしゅん」
というインド関係者のたまり場となったお店を
造った時にも内装を担当していた方ですが、
木を組み合わせる手法は、素晴らしいセンスで、
現在も、内装から家具の制作を続けられています。
インド音楽、民族音楽に、とてもくわしい方で、
また、人生の大先輩でもありますので、
いろいろなことを指導をしていただいてます。

image_sun-sea.gat.jpg

そのような素敵な空間での演奏会でしたので、
空間の響きが気持ちよく、生演奏でやりました。

演奏は、サロード奏者の宮島祐一氏と一緒に、
昼と夜の2回公演をさせていただきました。

そのような時間帯にあわせたラーガを演奏する
という演目を宮島祐一氏は配慮していたので、
まず、昼過ぎに演奏されるラーガ・ビンパラシュリを
ティンタール(16拍子)で演奏しました。
演奏の流れは、アーラープからジャーラまで、
オーソドックスな構成による演奏でした。

2曲目は、夕方に演奏されるラーガ・シュリを
チャ−ルタール・キ・サワリ(11拍子)と、
ティーンタール(16拍子)で演奏。

夜には、ラーガの王様といわれている
ラーガ・ダルバリをティーンタールで演奏しました。
そのあとに、短いタブラの独奏をやってから、
夜明けのラーガ・バイラビをダッドラ(6拍子)と
ティーンタール(16拍子)で演奏しました。

image_sun-sea.hirayama.jpg

写真家、平山耕嗣 さんの写真展も同時開催され、
会場の雰囲気を盛り上げていただきました。
平山さんの撮影するポートレイト写真は、
とても善い顔でとれているものが多いです。
かれは人を和ませ、気持ちのよい表情を引き出して
撮影できるという類い稀なる才能の持ち主ですが、
風景や花の写真にもそのやさしい人柄がでていて、
とてもよい写真がたくさんありました。

今回は、平山さんの事務所であるHoly-Shanthiの
企画で開催された演奏会と写真展でしたが、
久しぶりにお会いする方も来てくれていて、
横須賀からきていただいたビーズアーティストの
岡崎敏夫さんご夫妻や、下北沢でアプサラスという
お店をやられていた、万治郎さんも来てくれました。
アプサラスでは、1977年頃に演奏をさせていただき、
お世話になりました。3・4さんの心地よい空間で
とてもよいひとときを過ごさせていただきました。

もちろん、掲載させていただいた写真は、
わたしののデジカメ(SANYO Xacti・DSC-J2)で、
平山さんにお願いして撮っていただいたものです。

image_sun-sea.uchiage.jpg

終了後には、打ち上げでご馳走をいただきました。
あたたかく迎えていただき有難うございました。
これからもサン・シ−さんの益々の発展を願っています。

合掌
kenjee

|

« LIVE at CROCODILE | トップページ | 中村仁・インド音楽 リサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at 3・4 sun-sea :

« LIVE at CROCODILE | トップページ | 中村仁・インド音楽 リサイタル »