« 高明寺音楽団 at 求道会館 | トップページ | LAJAカルチャーライブ »

2005.04.26

古代・未来

image_everyone2

即興的創造性に満ちた北インド古典音楽を中心に、
ペルシャ、アラブの楽器、現代のパーカッションなどで、
日本人のわれわれが日本でしか生まれない音を創造。
前世の記憶なのか?
「古代、現代、未来」を同じ時間・空間で表現する
矛盾の存在。    ・・・フライヤーの文章より、

制作:坪井広 演出:嘉悦基光 
イラスト(型絵染):田部久美子 
デザイン:渡辺実音(HuGEL)

image_kodai-mirai
      
渋谷はセルリアン東急ホテルの2階にある
Jz Bratというライブスペースに於いて、
以前に、大崎のGATE CiTY OHSAKIで行われた
インド西部地震チャリティコンサートの時にも
お世話になった坪井広さんの企画によって、
「古代・未来」と題したコンサートがありました。

image_yuuichi

サロード奏者の宮島祐一氏を中心として、

image_kobinata

20数年前にヴァラナシで出逢って以来、
たびたび共演しているシタール奏者の小日向俊英氏、

image_madoka

以前にGREENHOUSEのパーティでも共演している
サズとウードの演奏で活躍中のMADOCA氏、

imag_horikosi

我家にタブラを学びに来ていたこともあり、
熱心に古今東西の伝統芸能を学びつつ、
独自の表現の探究を続ける感性のドラマー、掘越彰氏、
タンプーラ担当の沼沢ゆかり氏、佐藤ゆり緒氏と共に、
出演しました。

image_everyone

プログラムは、90分を2ステージやりました。
北インド古典音楽、全員での即興セッションなど、
盛り沢山のプログラムで盛況なコンサートでした。

image_sia-pro2部のはじめには、特別ゲストとして、
イランから来日しているシーア氏が、
ネイという葦でできた笛の独奏で
スーフィー音楽を聴かせてくれました。
ネイは、長い葦の茎の節を取り除いた
管の上端から直に息を吹き込んで鳴らす
葦笛です。
以前に、おかあさんから教わったといって、
自家製のナンを御馳走してくれたシーア氏ですが、
来る5月21日にCARAVAN@MUSIAM TOKYO
Persian traditional music and Sufi poetry
という催しに出演します。MADOKA氏も一緒です。

サウンドチェックがひと段落した頃に、
Jz Brad特性のおいしい食事をいただきました。
また、小日向氏の奥さんが、おいしいチャイを
差し入れしてくれたので、みんな大喜びでした。

嘉悦基光氏の制作した映像も素敵でした。

掲載させていただいている写真は
写真家、佐野あずみさんの撮ったものを
使わせていただいています。
とてもよい瞬間をとらえてくれていて、
その腕前とセンスは素晴らしいです。

このたびのライブの実現にご尽力いただいた
坪井広氏をはじめ、集っていただいたみなさま、
気持ちよい波動の共演者のみんなに感謝しています。

合掌
逆瀬川健治


|

« 高明寺音楽団 at 求道会館 | トップページ | LAJAカルチャーライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代・未来:

« 高明寺音楽団 at 求道会館 | トップページ | LAJAカルチャーライブ »