« 古代・未来 | トップページ | 「インドに行こう」出版祝賀会 »

2005.05.02

LAJAカルチャーライブ

横浜市戸塚にあるウインズラジャ
〜北インド古典音楽と邦楽の出会い〜
即興音楽の時空間 と題したライブ演奏を
りっぱな舞台でやらせていただきました。

image_everyone-t

ウインズラジャ5周年の特別企画として、
ゴールデンウイーク(4/28日〜5/7日)には
連日のカルチャーライブを企画されています。

image_winslaja

はじめに、司会を担当してくれた若林さんに
メンバーの紹介をしていただきました。
そして、調律をする曲の合間や終了時にも
上手にリードしていただき、とても助かりました。

image_jyugalbandhi

一曲目は、北インド古典音楽で行われている
ジュガルバンディという合奏スタイルで
ラーガ・プリヤカリヤンをティンタールで演奏。
シタールの辰野基康氏、サロードの宮島祐一氏、
タンプーラ伴奏の田部久美子氏との合奏でした。

image_rie

そして、仲林利恵氏の能管ソロ、
彼女は、箏曲七声楽院の3代目として、
海外でも公演して大活躍しています。
また、いろいろなジャンルの音楽家との
コラボレーッションにも積極的に取り組んでいて、
素晴らしいセンスの即興演奏も聴かせてくれます。
邦楽界のみならず、音楽界でとても貴重な存在です。

image_seiyan

大内和己氏の津軽三味線ソロの演奏、
23年程前に、OMというフュージョングループで、
各地でのライブ活動を一緒にやっていた頃から、
(当時はウッドベース奏者でしたが・・・)
いろいろと教えていただいている大先輩です。
その後、津軽三味線に取り組み始めてからは、
各地で大道演奏を続けながら腕を研き、
今では、独自の音楽性と技術を身につけた
素晴らしい演奏者として活動しています。
津軽三味線奏者で、注目すべき逸材だと思います。

演奏した楽器をはじめて見たという方もいたので、
みんなそれぞれの楽器紹介もしました。

image_everyone

最後に、オリジナル即興曲(逆瀬川健治作曲)
「月の馬」を全員で合奏しました。

音響をやっていただいたANT Ltd.,Co.の
川村 茂氏には、事前の打合わせの時から、
丁寧にこちらの要望に対応してくれて、
とてもよい環境を提供していただきました。

image_kanban

演奏後には、おいしい夕食をご馳走になり、
地下1510メートルより湧き出る天然温泉で、
くつろいだ時を過ごさせていただきました。
とても充実した設備の整った温泉空間でした。
お湯は濃厚で、身体の奥まで染み渡る感じで、
その晩は、ぐっすりと熟睡することができました。

このたびは、よい機会を提供していただき、
また、よいひとときを過ごさせていただき、
お導きいただいた社長の和田直二氏をはじめ、
スタッフの皆様には、誠に感謝の念で一杯です。
ウインズラジャの益々のご発展を願っています。

合掌
逆瀬川健治

追伸 
後日、和田さんが奥様と共に、お忙しい中、
いわきでの公演に来てくださって恐縮いたしました。
その折に、ラジャライブで撮影してくれていた
写真をいただいたので、掲載させていただきました。
重ね重ね厚くお礼申し上げます。 

|

« 古代・未来 | トップページ | 「インドに行こう」出版祝賀会 »

コメント

毎回、コメントばかりで失礼します
自分でも演奏会のブログを作れば、
トラックバック出来るのだろうとは、
思いつつ、なのですが・・近々作れればいいけれど

インド古典~邦楽~オリジナルという
流れは、良かったと思っています。
オリジナル曲「月の馬」は
故・上野玄春さんの会で初演したので
思い出深いものがあります。
新しいバージョンで、自由度を広げたので
セッションの幅が広がった気もします。

CD「にぎみたま」の中の『香夢』にも
少し近いイメージもありました。

投稿: 辰野 | 2005.05.08 14:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LAJAカルチャーライブ:

« 古代・未来 | トップページ | 「インドに行こう」出版祝賀会 »