« 道志村 水源の森国際音楽祭 | トップページ | インドへの旅 From 藤沢 »

2005.08.31

インド古典音楽と舞踊の夕べ

image_roppongihills

六本木ヒルズにあるインド料理店DIYA
「インド古典音楽と舞踊の夕べ」が開催され
満員御礼!たくさんの人で賑わいました。
サリーを着た女性もたくさん来られていて
とても華やかな雰囲気の会場でした。

image_DIYA

私は、北インド古典音楽(Hindustani Music)を
シタール奏者の井上憲司氏と共に演奏しました。
演奏したラーガとターラは以下の通りです。

Raga zhila-kafi ◆ Rupaktal(7Beats)
Raga puriya kalyan ◆ Teental(16Beats)
Raga jhinjoty ◆ Teental(16Beats)

image_kenji-inoue

当日、井上憲司氏の車が会場に向かう途上、
渋滞中の首都高で、斜後ろから追突される!
という事故に遭遇してしまいました( ̄□ ̄;)
幸いにも頭にコブができた程度の軽傷とのことで、
本人は、かえってよくなったかも!と笑ってました。
ほんとにそのようであればよいのですが・・・
演奏では、交通事故の影響はなかった様子で、
相変わらずエネルギッシュなシタール演奏を
久しぶりに聴かせてもらいました。
また、自宅のスタジオの音響設備一式を持参して、
とてもよい音響環境を提供してくれました。

・・・翌日に、CT検査の結果は異常なし!でした
   という報告がありました。\(^-^)/

image_dancer-1

野火杏子氏が主宰するインド舞踊団
コンテンポラリー・ナティアム・カンパニーのメンバー
井上佐知子氏、吉沢智子氏、村越文香氏と
野火杏子氏が、インド舞踊のバラタナティヤムを
会場中を舞台にして踊り、とても華やかでした。
野火さんには、このたびも大変お世話になりました。

image_dancer-2

ライブの後には、とてもおいしいチキンカレーと
ナンとライスを満腹になるまでいただきました。
辛口をお願いしたところ、インド並の辛さでした。

マネージャーをされている代永さんには
とてもあたたかいご配慮をいただき
大変お世話になり、感謝しています。
また、オーナーは コルカタ出身の方で、
笑顔でこころよく迎えていただきました。

わたしは1977年にはじめてカルカッタを訪れ、
翌年からはタブラを学ぶ目的で3年程滞在し、
その後もたびたびコルカタを訪ねていますので、
ベンガルの人達には親しみを感じています。
働いている人にもコルカタ出身者がいましたので
久ぶりに ベンガル語の世界になっていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アプナデル カチェ クブ シュンドル カリー ケエチラム
アマール ペット ボレ ゲチェ
アール アマデル ビション アノンド ラグロ
オネク ドンノバード! ノモシュカール

あなたの処でとてもおいしいカレーを頂きました。
わたしはお腹一杯になりました。
そして、わたしたちは、とても楽しかったです。
たいへん ありがとうございました! 合掌 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、ベンカル語を記載するにあたっては、
素晴らしいタゴールソングを歌う奥田由香さんに
丁寧なアドバイスをいただきました。感謝!

このたびのライブの実現に導いて下さった
中村仁さんのご配慮に深く感謝しています。

合掌
逆瀬川健治

|

« 道志村 水源の森国際音楽祭 | トップページ | インドへの旅 From 藤沢 »

コメント

井上さんの事故、御無事だったようで良かったですね。
野火さんの公演もたいへん華やかだったようで
写真も楽しく眺めさせて頂きました。
コルカタの方々の居る店とは懐かしいですね。

今度のルポは華やかな女性が写っているせいか
何だかわくわくしてしまいました┗(^o^)┛
てへへ (^∀^ヾ

投稿: こうじ | 2005.09.02 01:36

こうじさん、コメントを有難うございました。

1997年の、カルカッタの路上での奇跡的な出逢いは
忘れられない刺激的な記憶として刻まれています。
それは、なにかに導かれていた!?と感じるものでした。

一緒にいったブックフェアーで火事に遭遇したり
サラスワティ プージャでは、グルジの家族の家で
息子のラジプルシュによるプージャに列席したり・・・
プージャ最終日にガンジス河まで出掛けていって、
タクール(神像)を流す現場にもいきましたね。

貴兄には、よい写真をたくさん撮っていただき
感謝しています。貴兄の撮るポートレイト写真では、
みんなとても良い顔をしている!さすがですね!
貴兄の写真家としての力量を感じています。
これからもよい写真を撮り続けてくださいね!合掌 

投稿: 逆瀬川健治 | 2005.09.02 02:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド古典音楽と舞踊の夕べ:

« 道志村 水源の森国際音楽祭 | トップページ | インドへの旅 From 藤沢 »