« 秋の夜長に聴くインド古典音楽 | トップページ | インドへの旅 from 日比谷 »

2005.10.27

イメージデッサン・クラス

朝日カルチャーセンターで開講している
大成瓢吉氏のイメージデッサン・クラス
自由に演奏をするという機会をいただきました。
生演奏を聴きながらイメージを描くという
ライブ感覚の絵画表現もしているクラスです。

image_onari-class

シタール奏者のechoこと、児玉記代三氏と
ギタリストの大塚寛之氏とともに
即興演奏でイメージの広がるような音空間
という感じで演奏をさせていただきました。

image_kodamasibusasirazu

先日行われたナマステインディアでも
野外ステージで一緒に共演したメンバーです。
どうなるかわからん!という緊張感のある
即興演奏ですが、新鮮な音空間のなかで、
自然によい流れになってゆける感じです。

image_onari-class-up

前半には、児玉氏と大塚氏の到着が遅れてしまい
しばらくタブラソロをやらせていただきました。
いろいろなカイダ(基本になるリズム素材を使って、
いろいろな形に発展させて行く表現法)とともに、
自作のコンポジションを演奏しました。

メンバー到着後には、まず、シタールデュオで、
ラーガ・ヤマンのアーラープを演奏しました。
大塚氏の弾くシタールを聴くのは初めてでしたが、
児玉氏のシタールとの掛け合いなどもあり
とてもよいコンビネーションの演奏でした。

そして、児玉氏と北インド古典音楽を演奏し、
休憩を挟んで、大成さんの撮影してこられた
インドの写真や大成氏の絵画作品のスライド上映と共に、
児玉氏のエフェクトをかけたシタールと
大塚氏の本職であるエレキギター(ストラトキャスター)
と一緒に、自由な即興演奏をさせていただきました。
大成さんの映すスライドと音楽がシンクロして
不思議な雰囲気のここちよい時空間に感じました。

最後は静かにシタールデュオで終了しました。

大成瓢吉氏は湯河原で空中散歩館を主宰されて、
精力的な創作活動を続けられている方で
このたびは、大成さんの画集を頂きました。
とても素敵なイメージの広がる
たくさんの作品が掲載されています。

image_onari-book大成瓢吉の空中散歩
音楽、映像、舞踏、美術などの
多領域で活動し、油彩、写真、
オブジェ、立体による
多彩な表現を展開する大成瓢吉氏の
自由の境地を凝縮した作品集。
定価[6,000円+税]297×220mm132ページ
ISBN4-568-10323-1 初版1999.07.06

image_onari-friyerおおらかな作品群、
緑豊かな草木に囲まれ
自然体で生活し制作する
大成瓢吉氏の姿を映す、
やさしく、人の生き方を
問い掛けてくる。

線について・・・
私にとって線は大事な要素だ、
五感に何か感じたら、
ほとんど動物的な衝動に駆られて
手を動かす、テンションを高め、
わくわくとした線を引くことができれば、
線は自在に動いていく。

この線についてという大成さんのお言葉は
音楽の即興演奏にも通じるような気がします。
・・わくわくとした音を出すことができれば、
音は自在に動いていく!不思議ですね、

これまでに何度もこのような演奏の機会を
考えてくださっている大成さんをはじめ、
お世話になった朝日カルチャーセンターの皆様、
こころよく演奏を聴いてくださった皆様、
突然お願いして写真を撮影していただいたみほさん、
一緒に演奏してくれたメンバーたち、
このような機会にお導きいただいた中村仁さん、
みなさまに、こころより感謝しております。

合掌
逆瀬川健治


|

« 秋の夜長に聴くインド古典音楽 | トップページ | インドへの旅 from 日比谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イメージデッサン・クラス:

« 秋の夜長に聴くインド古典音楽 | トップページ | インドへの旅 from 日比谷 »