« カルメンのささやき | トップページ | アフガニスタン物産展示イベント »

2005.11.21

イスラジとギターとタブラの共演

image_san-signhboaed

郡山の宴庭 燦さんの3周年記念のお祝いで、
イスラジとギターとタブラの共演という
はじめての取り合わせでやらせていただきました。

シタール、イスラジ奏者の中村仁さんと
電話では話をしていたけれども、初対面であった
ギタリストの福田正二郎さんと演奏の90分前に
燦さんの3階の控え室に各地から集結しました。
中村仁さんは東京の西荻窪から、福田さんは
福岡在住で、ツアーを続けられている途上から、
わたしは前日に仙台での公演があったので、
当日は、仙台からいわき経由でお店に伺いました。

image_san

簡単な打合わせをしてから、燦さんの2Fのスペースで
イスラジとタブラで短い古典音楽の演奏した後に、
福田さんの作曲された曲をモチーフとして
3人での即興演奏を主体にした合奏をやりました。

弓奏楽器と撥弦楽器と打楽器のアンサンブルは、
みんな違うキャラクターの特質をもっているので、
とても気持ちのよいバランスの音空間でした。

image_asian

その後、最近開店したASIAN ELEMENTSというお店で
同じメンバーで演奏させていただきました。
2回目でもあり、だいぶ音が馴染んできてました。

3回目の演奏は、再び燦さんでの演奏でしたが、
こんどは、イスラジとタブラによる古典音楽でした。
燦さんでのイスラジ演奏ははじめてのことでもあり、
お客さんからの質問もありました。

福田さんは、クラッシックギターが専門の方ですので、
ASIAN ELEMENTSで、ギターソロによる演奏でした。

このたびも燦の店長の松山さんにはお世話になりました。
お店のみなさんには、いつもあたたかく迎えていただき
おいしいご馳走までいただき、感謝の念で一杯です。

今回、初めて演奏させていただいたASIAN ELEMENTSの
店長の鴇田さんには、とても親切にしていただきました。
スタッフのみなさんとともに、ありがとうございました。
とても素敵な雰囲気で安らかな気持ちになる空間でした。

社長の澤上さんには、いつも気にかけていただき
手土産までいただいてしまい大変お世話になりました。
いつも格別なおもてなしをいただき感謝の念で一杯です。
たくさんの素晴らしいスタッフのみなさんと共に
気持ちのよい波動の時空間を広げてゆかれている
SAWAKAMI&SON GROUPのみなさまの健康と
益々のよきご発展を願っています。

合掌
逆瀬川健治

|

« カルメンのささやき | トップページ | アフガニスタン物産展示イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラジとギターとタブラの共演:

« カルメンのささやき | トップページ | アフガニスタン物産展示イベント »