« Live at 明台寺 | トップページ | 年越しライブ at ANITA »

2005.12.14

Live at スペース・ジー

image_kanban

名古屋の覚王山参道にあるビーナ・トレーディングさん
の主宰している「スペース・ジー」に於いて、
北インド古典音楽をバイオリン奏者、金子ユキ氏、
パッカワジ奏者の金子哲也氏と一緒に演奏しました。

演奏したラーガ・バイラブは、夜明け前のラーガです。
アーラープでは、バイオリンの深い響きによる独奏、
ガット(打楽器と合奏)では、ジャプタール(10拍子)
〜チョウタール(12拍子)〜ティンタール(16拍子)
という前日とは違った曲と流れでの演奏になりました。
後半では、ユキさんのバイオリンによるナグマで、
パッカワジとタブラの互いの独奏と掛け合いをし、
同じコンポジションを一緒に演奏して展開しました。
ラーガは、ヤマンのドルットになり、ジャラまでいって
終わるという器楽演奏ではお決まりの流れでした。

image_tamayura

写真に大きな玉響(たまゆら)が写ってました。
よくみるともうひとつ小さな玉響も写っています。

注釈:玉響は、勾玉(まがたま)が互いに触れ合う時の
ほのかでかすかな響きから生じた言葉だそうですが、
しばしの時間、ほのかな風情を表す言葉とされています。
玉響は肉体を取り巻いているエネルギー体のことで、
瞑想する時の真言としても用いられてるそうです。

このたまゆら写真は、セッッティングから音響まで
やってくれたとんちゃんこと今岡祐一氏の撮影です。

演奏の後には、スペース・ジーの2階に住んでいる
樋口さんの手作りカレーをみんなでいただきました。
演奏会と会食とかたずけが終わった後には雑巾がけをして
黙々とスペース・ジーを大切にしている樋口さんは、
お寺の住職さんみたいな存在のように感じました。

ビーナトレーディングさんでやらせていただいている
タブラクラスの生徒たちも来てくれて賑わいました。
みんな仲良く交流している様子で、とても嬉しいです。

スペース・ジーに集ってくださった皆様をはじめ、
いつもお世話になっているビーナの中川さん、
ミュージシャンとスタッフ一同に感謝しています。

合掌
逆瀬川健治

|

« Live at 明台寺 | トップページ | 年越しライブ at ANITA »

コメント

メールから想像する(した)よりも、大きなものですね。 
どうしてこのようなものが写ったのかは
想像できませんが、
心の表象だとすれば、興味深いことです。
うちから観た自分が”他人”で、
うちから観る他人と同格で存在している。
そのことを法句経62番では、「我は既に我のものにあらず、、、」 と表しています。
私たちは、自分自身を観ることに、
あまり習熟していないのです。

投稿: 春間 則廣 | 2006.02.26 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at スペース・ジー:

« Live at 明台寺 | トップページ | 年越しライブ at ANITA »