« 演奏会の現場 掲載記事目録 | トップページ | Live at 五峯 »

2006.02.12

Live at シルクロード美術絨毯展

image_kanban

上野松坂屋さんとフジライトカーペットさんの主催で
東京都立産業貿易センター台東館5階に於いて
「シルクロード美術絨毯展」が開催されました。
老舗ならではの風格を感じる雰囲気の会場でした。

image_gassou

長年活動を続けているシタール奏者辰野基康氏と共に
北インド古典音楽のいろいろなラーガとターラ、
ベンガル民謡、タゴールソングなどを演奏しました。
日本の曲が聴きたいというリクエストもあったので、
辰野さんは、「桜」で使われる音階によるラーガに
モチーフとして「桜」のメロディを挿入するという
粋なセンスの構成による演奏も披露してくれました。
3日間で9ステージの演奏をやらせていただきました。

演奏写真は、販売を担当されている永瀬さんに
お願いして、撮っていただきました。
お仕事中で、お忙しい最中にもかかわらず、
快く引き受けていただき感謝しています。

image_shokunin

会場では、トルクメンの手織り絨毯を
美しい女性が二人で一緒に作っていました。
両面がどちらも表として使えるという絨毯で、
話ながらも息の合った手作業が印象的でした。

image_jyuutan

image_amuoghli美術品として展示されていた絨毯は、
アムーオグリ氏という巨匠の作品で、
作られてから100年くらい経っても
変わらず高い品質を保持できるという
特別な方法で作られたものだそうです。
大きさは、272x387というとても大きなものでした。
ちなみに、これまでにみた絨毯では最も高価なもので、
な、なんと参考価格 税込み¥157,500,000でした。

image_factory

展示されていた、絨毯を作っている工房の写真。

会場に展示されていたたくさんの絨毯には
素晴らしいデザインと色彩のものが多かったです。
幾何学模様と色彩の曼荼羅のように感じました。
遠くからみると写真のようにリアルにみえる馬とか
風景などもあり、その精密な技術には感銘しました。

image_map

絨毯がつくらている北の聖地マシュハド周辺の地図

image_sensouji

会場は浅草寺のニ天門の近所でしたので、
休憩時間には、お詣りすることもできました。
連日快晴に恵まれて、気持ちのよいひとときでした。

このたびは、宮廷の中で演奏しているような雰囲気の
素晴らしい環境のなかで演奏する機会をいただき、
フジライトカーペットのみなさまをはじめ、
松坂屋のみなさまに、こころより感謝しています。

また、私の状況を察して、いろいろと配慮してくれた
親方の辰野さんには、とても感謝しています。

合掌
逆瀬川健治

|

« 演奏会の現場 掲載記事目録 | トップページ | Live at 五峯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at シルクロード美術絨毯展:

« 演奏会の現場 掲載記事目録 | トップページ | Live at 五峯 »