« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.26

Live at RSA CONFERENCE

Image_dance

東京プリンスホテル パークタワーに於いて、
RSA CONFERENCE JAPAN 2006という
インドIT関連の会社パーティのアトラクションに
インドの映画音楽に振り付けした現代舞踊を踊る
コンテンポラリー・ナティヤムカンパニーと、
ボーカルとキーボード担当の井上貴子氏、
シタール奏者の中村仁氏、タンプ−ラの片山桃子氏
と一緒に大画面の映像に映りながら出演しました。

Image_koten

舞踊の音楽演奏の他に、北インド古典音楽を
シタール奏者の中村仁氏とタンプ−ラの片山桃子氏と、
プログラムの都合のため、短かめの演奏をしました。

Image_takakoinoue

ボーカルとキーボード担当の井上貴子氏は、
大学の講師でもあり文筆活動でも活躍している方で、
最近、近代インドにおける音楽学と芸能の変容
という労作を出版したところであるとのことで、
インド研究者、音楽学、大衆文化論、アジア研究者も
必読の大作!という専門書です。

今回は、よくお世話になっている勝木プロの仕事で、
社長さんと小林さんには、大変よくしていただきました。
小林さんには掲載した写真も撮影していただきました。
このような集いに参加させていただき感謝しています。

合掌
逆瀬川健治


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

カルメンのささやき

Image_fryer

エミ・バレエスクール開設30周年記念公演が、
郡山市民文化センター大ホールに於いて開催され、
いわき公演、仙台公演に続く3改目のカルメン公演に
ジャマキート・フラメンコのメンバーとして
参加させていただきました。

Image_dance02

レイモミ小野フラスクールフェスティバルでは
「Dance of Polynesia」と題して、
ハワイアンダンス、タヒチアンダンスなどの、
ポリネシアに伝わる民族舞踊を小野先生のアレンジで、
レイモミ小野フラスクールのみなさんと、
スパリゾートハワイアンズダンシングチームが披露。

Image_dance_1

創作フラメンコ「カルメンのささやき」は、
背景の大道具の切り替えなどもあって、
段取りよくしなくてはならない舞台だったので、
前日から舞台の仕込みとリハーサルをやりました。

出演者は以下の通りでした。(敬称略)
バイレ山本将光、稲田進
小野恵美子舞踊団・エミ・バレースクール
兵士役 木田和宏・小野晋作
ギター 鈴木尚長谷川暖 
カンテ 今枝友加有田圭輔
フルート 山本俊自 タブラ 逆瀬川健治

スタッフの方々は、以下の通りでした(敬称略)
演出台本:小野恵美子
音楽構成:小野恵美子、山本将光
振 付 :小野恵美子、山本将光、里見和子
ダンスミストレス(フラメンコ)
針生純園、渡辺貴子、大平正枝
ダンスミストレス(ポリネシアンダンス)
レイロケラニ吾妻、レイレファ三戸、
レイモキハナ須藤、クウレイ尚子
ダンスミストレス(クラッシックバレエ)山下聡子
舞台監督:森安文 照明:吉田信 音響:草野貞行
衣装でザイン:小野恵美子 
衣装製作:香野英子、BCコスチューム
アナウンス:吾妻純子

Image_kanban

前々日から、郡山にてリハーサルが行われましたが、
とても大勢の人が出演する催しでしたので、
小野先生はじめ、スタッフのみなさんは大忙しでしたが、
そんな状況にもかかわらず食事を馳走していただいたり、
とてもあたたかいご配慮をいただき恐縮いたしました。

小野恵美子先生はじめ、エミ・バレエスクールのみなさま
出演者、スタッフのみなさま、集いに参加したみなさまの
元気で充実した毎日を願っています。

このたびも大変お世話になり、感謝の念で一杯です。

合掌
逆瀬川健治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

Live at スペースはちのこ

Image_gassou

三鷹市野崎のスペースはちのこ に於いて、
シタール・イスラジ奏者の 中村仁 氏と共に、
北インド古典音楽の演奏をしました。

Image_kaijyou

近所の方々や子供達もたくさん集ってくれて、
とてもにぎやかでアットホームな演奏会でした。
写真は中村仁さんの教室でシタールを学んでいる
ヤヤさんこと八尾谷氏が撮ってくれました。

お導きいただいた大橋牧子さんをはじめ、
会場を提供していただいたはちのこ保育園の皆様、
集いに参加してくださった皆様に感謝しています。

合掌
逆瀬川健治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.02

Live at ええかげん

Image_tkobayashi

三重県安芸郡 河芸町の海岸沿いにあるライブスペース
「ええかげん」で、定期的にライブをやっている
「小林たかよしとその仲間たち」のライブに
田村晃彦氏の導きで参加することになりました。

Imege_atamura

ライブは田村晃彦氏の自作曲の弾き語りではじまり、
わたしはタブラでその歌の伴奏をしました。

Image_hayato

ハヤトさんが口琴で、トランペット奏者の人と
即興演奏するというプログラムもありました。
ハヤトさんは、竹でいろいろなものを製作していて、
以前に竹で作ったディジュリドウをいただいたので、
ときどきボ〜と鳴らして低音の響きに浸ってます。

Image_band

最後に、小林たかよし氏自作の歌を中心にして、
ギター、ベース、ジャンベ、タブラによる伴奏と、
間奏でのアドリブでは、とても自由な感じの演奏でした。

後日、ライブ録音がうまく撮れていたということで、
CDとして販売するという流れになっているそうです。

写真は鈴木由美子さんが撮ってくれました。

あたたかく迎えてくれたみんなに感謝しています。

合掌
逆瀬川健治


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

Live at ベルホール

Image_bellhall_1

ターラさんでのライブで共演した田村晃彦氏から
松坂の駅前にあるベルホールの継続を願う集いの
音楽祭で一緒に演奏をしようとの誘いがあり、
ギターの弾き語りで自作曲を歌う田村晃彦氏と、
音響も担当して大忙しの岩佐さんがスライドギター、
老松を経営している森佳久氏がベースを演奏し、
初顔合せのセッションをやりました。

Image_shuzai

フォーク・イン松阪の主催者の方が
コンサートを取材に来ていたケーブルテレビの取材で
会場の運営継続を訴えていました。

Image_shuuchan


Image_rockband


Image_folk

3/31日の夜から4/1日の朝にかけて、
たくさんのバンドが出演して賑わいました。
味わい深い演奏やなつかしい曲も聴くことができ、
とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

Image_iwasa

岩佐さんは、音楽祭の準備から、音響を担当し、
とても味わい深いスライドギターの演奏でも、
いろいろなグループに参加して大活躍でした。
前日には、田村氏と一緒に津市にある
岩佐さんのスタジオ・ボキャブラに於いて、
リハーサルも兼ねて、録音をしました。

Image_tamura

後日、田村晃彦氏から連絡があり、
ベルホールはこれまで通りに継続して運営される
ということになったそうです。よかったですね!
これからの、一層の発展を願っています。
そして、音楽祭に参加したみんなの活動が
さらに盛り上がっていくことを願っています。

合掌
逆瀬川健治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »