« Kuriharan Live at 音や金時 | トップページ | 紫音の響き at スコットホール »

2006.06.18

風市場にて 中村仁リサイタル

Flyer_kazeichiba

新しくなった杉並公会堂小ホールに於いて、
「風市場にて LOS EJES DE MI CARRETA」と題した
中村仁氏のインド音楽リサイタルにて演奏しました。
当日は、中村仁さんの誕生日でもありましたので、
バースデイコンサートでもありました。
 
Image_sitar

一部では、シタールによる古典音楽の演奏でした。

Image_esraj

二部では、イスラジによる古典音楽の演奏でした。

Image_gramchara_1

最後に、ラビンドラナート・タゴール氏の名曲、
「グラム・チャラ」の合奏をしました。
中村仁氏と共に黒須珠子氏がイスラジを演奏し、
片山桃子氏が歌を歌いハルモニウムを演奏しました。
バジャンに使うシンバルを平尾恵氏が演奏しました。、

牧野ゆかり氏がプログラムの進行の流れが
スムーズにいくように司会してくれました。

Image_kole

伴奏が、コールという太鼓で演奏されている曲で、
中村仁さんが、なぜかコールを持っていたので、
この曲は、コールでやることになってしまいました。
一週間、やり方を検討しながら毎日稽古をしましたが、
コール独特のニュアンスを表現できるようにするには、
もっと時間が必要だと思いました。

基本リズムは8拍子だったのですが、それを
タブラのボル(演奏法を言葉にしたもの)にすると、
Dhi ーー Ta | Ti - Ta - | Ti-DhaNa | Dhi-Dha Na
というような、8拍子が基本リズムです。

Image_kituke

サリーの着付けで、いつも指導をされている
福田さんが、本番前に楽屋で着付けを指導してました。

男子の衣装は、全員のバランスと舞台美術を考えて
中村経子さんが準備してくれた衣装でした。

コンサート終演後には、近所の飲み屋で打ち上げがあり、
J.I.N.ミュージックアソシエーションのスタッフと
生徒たちで、大部屋を占拠して盛り上がっていました。
仁さんの誕生祝いのケーキも登場していました。

コンサートの実現にご尽力くださったみなさまと、
ご来場いただいたみなさまに感謝しています。

合掌 
逆瀬川健治

|

« Kuriharan Live at 音や金時 | トップページ | 紫音の響き at スコットホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風市場にて 中村仁リサイタル:

« Kuriharan Live at 音や金時 | トップページ | 紫音の響き at スコットホール »