« 紫音の響き at スコットホール | トップページ | Yamaquito flamenco Vol.20 »

2006.06.24

タナバナ展 at パキスタン大使館

Image_jyuutan_1

パキスタン大使館に於いて開催されたタナバナ展で
多数の素晴らしい手織り絨毯が展示販売されました。

Image_playing_1

長年活動を続けているシタール奏者 辰野基康氏
タンプ−ラ演奏の 田部久美子氏とともに、
会場に設営されたりっぱな絨毯の敷かれた舞台で、
パキスタン民謡のカワッり−をアレンジした曲や
民謡、古典音楽を3回セッションで演奏しました。

演奏風景の写真は、接客でお忙しいところでしたが、
永瀬さんにお願いしたところ快く撮っていただきました。

Image_kaijyou_3

会場となった麻布にあるパキスタン大使館は、
庭がきれいで、野外でもくつろげる空間があり、
来られていた方々は、ゆっくり軽食を食べたり、
ライブで演奏されている音楽を楽しんだりしつつ、
手織り絨毯の素晴らしさを堪能しながら、
リラックスした時間を過ごされていました。

Image_factory

絨毯職人さんたちの写真も展示されていましたが、
手織り絨毯をつくるのは、大きいサイズのものは、
何人もの職人さんたちの共同作業なんですね、

このたびもパキスタン・タナバナ展を主催された
フジライト・カーペットのみなさまには、
あたたかく迎えて頂き感謝の念で一杯です。

合掌
逆瀬川健治


|

« 紫音の響き at スコットホール | トップページ | Yamaquito flamenco Vol.20 »

コメント

タナバナ展では、演奏を聞くことができて、ラッキーでした。すてきなひとときをありがとうございました。

投稿: とーこ | 2006.07.13 14:45

とーこさん、
記事へのトラックバックとコメントをいただき
ありがとうございます。
貴サイトでの報告では、
とても詳しく絨毯のことが掲載されているので、
よい勉強になりました。
タナバナというのは、縦糸と横糸のことなんですね、
七夕に似てる言葉ですが、
出会うというニュアンスが同じ感じ!

投稿: 逆瀬川健治 | 2006.07.14 18:56

初めまして。ブログを見て大変シタールの演奏に興味を持ちました。次の機会には是非お誘いお願い致します。

投稿: 真木 栄 | 2009.04.21 00:10

真木さん
シタールは魅力のある音色の楽器ですね、
北インド古典音楽をはじめとして、
いろいろな音楽でも使われていて、
インドで一番有名な楽器のような気がします。

私の出演する予定のライブ情報は、
以下のサイトに掲載してますので、
ご都合のよろしい時にはお出かけください。
よろしくお願いいたします。

ライブ情報サイト

合掌

投稿: 逆瀬川健治 | 2009.04.21 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タナバナ展 at パキスタン大使館:

» パキスタン大使館訪問 [ものぐさ日記]
 パキスタン大使館で開かれた「タナバナ展」に行ってきました。タナバナというのは、縦糸と横糸のことだそうで、絨毯の展示会です。不特定多数に開かれた展示会ではなく、招待状がないと入れないのですが、友人のコネで私も見ることができました。  実は絨毯より、パキスタン大使館に入ってみたかったのです。パキスタンには5年前に1度行きましたが、入国ヴィザを大使館に取りに行く時間がなくて、イスラマバードの�... [続きを読む]

受信: 2006.07.13 14:11

» フジライト・カーペット主催タナバナ展での演奏 [ 辰野基康のブログ]
こちらは、暑い日が続いています。 皆様、お元気でお過ごし下さい。 娘達の就職や進学、自分の仕事のこと、家族の健康など、 あれこれと気ぜわしい日々です。 越えていかなければならない現実はたくさんありますが、 おかげさまで、家族みんな元気に力をあわせて、....... [続きを読む]

受信: 2006.07.13 22:40

« 紫音の響き at スコットホール | トップページ | Yamaquito flamenco Vol.20 »