« Live at Made in Paradise | トップページ | インド大使ご夫妻歓迎会 »

2006.09.24

ナマステインディア2006

Frysheet_namasteindia2006

2005年の開催に続き、代々木公園に於いて、
ナマステインディア2006が開催されました。
今年はさらにスケールが大きくなって、
とてもたくさんの人で賑わっていました。

昨年と同じく2つのステージに於いて、
講演、インド舞踊、インド音楽、和太鼓、など
とてもたくさんの催しが行われました。

わたしは、北インド古典音楽の伴奏者として、
サントゥール奏者の小室真理氏、
サロード奏者の関口祐一氏、
尺八で北インド古典音楽を演奏するティム・ホフマン氏
シタール奏者のチャンドラカント・サラデシュムク氏
と共演しました。
掲載の写真は、写真家の平山耕嗣 氏の撮影したものを
使わせていただきました(クレジットのあるもの)

Image_marikomuro

サントゥール奏者の小室真理

Image_yuichi
Photo by Kouji Hirayama

サロード奏者の 関口祐一氏、

Image_tim
Photo by Kouji Hirayama

尺八で北インド古典音楽を演奏する ティム・ホフマン
タンプ−ラは奥様の佐貴子氏が演奏しました。

Image_chandrakantji
Photo by Kouji Hirayama

シタール奏者の チャンドラカント・サルデシュムク
タンプ−ラで田部久美子氏が伴奏。

Image_wadaiko

稲城市の和太鼓の会 鼓遊の演奏もありました。
とてもよいチームワークで気持のよい演奏でした。

Image_nishatsabir

今回は インドセンターの参加により、本場インドから
ボリウッド・ダンス、ラジャスタンの人形劇、
エタワ・ガラナのシタール奏者、Nishat Khan氏と
ファルカバッド・ガラナの継承者として活躍している
タブラ奏者、Sabir Khan氏の公演を提供していただき、
ナマステインディアをさらにグレードアップしました。

Image_hasegawaji
Photo by Kouji Hirayama

新潟市十日町でミティラ美術館
NPO法人 日印交流を盛り上げる会を主宰している
長谷川時夫氏が祭りの中心で活躍されていました。

2007年は、日印交流年になるということで、
ナマステインディアもさらに盛上がることでしょう。

合掌
逆瀬川健治

|

« Live at Made in Paradise | トップページ | インド大使ご夫妻歓迎会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナマステインディア2006:

» 去年のナマステインディア [こうじ菌2]
トラックバックの為にアップしてみるナマステインディア2006 [続きを読む]

受信: 2007.03.11 14:02

« Live at Made in Paradise | トップページ | インド大使ご夫妻歓迎会 »