« Live at インドのフォークアート展 | トップページ | Live at Mamma »

2009.02.14

Live at 浜松市楽器博物館

Img_gate

浜松市楽器博物館 第81回レクチャーコンサート
百色の音の幻惑
北インドのサーランギー
アクトシティ浜松 音楽工房ホール
主催:浜松市楽器博物館(財)浜松市文化振興財団

Dscf4474

サーランギー奏者、小林祐介 氏の呼びかけで、
パカワジ奏者、カネコテツヤ 氏と共に参加し、
トリオによるコンサートが実現しました。
響きのよいホールということでしたので、
公立学校の体育館ほどの広さでしたが、
音響設備を使わないという生演奏でした。

演奏の前に館長の嶋和彦氏によるお話があり、
聞かせていただくことはできませんでしたが、
(演奏前の状態で会場の外に居ました)
かなり詳しい話をされていたと聞きました。

Dsc_7898

北インド古典音楽、インドの民謡の演奏と、
楽器の紹介、歴史、古典音楽についての話、
インドのリズムの考え方や仕組みについて、
サーランギーの伴奏で、パカワジとタブラの
ソロ演奏なども交えながらのレクチャー、
小林氏がインドで撮った写真の解説など、
とても盛りだくさんのプログラムでした。

会場は満員御礼でたくさんの方が集い、
笑いもあったりで、和やかな演奏会でした。

Img_yutetu

カネコテツヤ氏は、翌日から渡印し、
聖地ヴァラナシで毎年行われている
ドゥルパド・メーラ音楽祭で演奏する予定で、

Img_yuken

小林祐介氏と私は3月に西日本各地を
ライブ・ツアーで巡る予定です。

Img_archtecture

レクチャーコンサート終了後、
楽器をかたずけたりしている間に、
博物館は閉館時間になっていましたが、
特別に拝観させていただくことができ、
親切なご配慮に感謝しつつ拝見しました。

世界の楽器を1200点も展示していて、
駆け足で拝見させていただきましたが、
楽器職人達の技術と工夫とアイデアに、
美術品のような緻密な装飾に、
プリミティブな楽器が放つパワーに、
感銘を受ける時間を過ごしました。
また、楽器の歴史的変遷の様子が判り、
とてもよい勉強になったひとときでした。

感謝 合掌

|

« Live at インドのフォークアート展 | トップページ | Live at Mamma »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at 浜松市楽器博物館:

« Live at インドのフォークアート展 | トップページ | Live at Mamma »