« Live at Penny Lane | トップページ | 野間寺 春彼岸供養インド音楽鑑賞会 »

2009.03.16

Live at 野村帽子店

Yabunozaki

前日も倉敷で一緒にライブをやった
シタール奏者、野崎伸二氏と
タブラ奏者、矢吹隆裕氏による
北インド古典音楽の演奏ではじまりました。

野崎伸二氏の参加は予定していなかったのですが、
前日からライブの後も一緒に行動していて
そのまま楽器も持ってきていたこともあり、
インド古典音楽の集いという内容でしたので、
急遽、ゲストとして参加していただきました。

Gassou

サーランギ奏者、小林祐介 氏とともに、
北インド古典音楽、民謡、タブラソロ
という演目で演奏しました。

最後は全員での北インド古典音楽の合奏でした。

全員での演奏風景写真は撮れませんでしたが、
シタールとサーランギのジュガルバンディで
音程を変えて調律したダブルタブラでしたので、
エキサイトした内容になったように思います。

Kateiryourinomura

野村さんの奥様が経営されている
「家庭料理店 の村」の美味しい料理も
ライブの後に、ごちそうになりました。

Nomurakobayasi

野村一郎氏は備前焼作家の巨匠として、
銀座の一流画廊にて個展をされたりしています。
上京したときには、想波堂にも寄ってくれて、
よいお付き合いをさせていただいていますので、
こころよくライブを実現してくださいました。
6月にも東京での個展を予定されています。

Komatubarayuusuke

翌日、裸祭りで有名な西大寺 にお参りにいき、
ライブの実現に協力してくれた小松原祐介氏と
野村さん、小林君と一緒に境内を散歩して、
とても和んだ時間を過ごさせていただきました。

Saidaiji

以前、33年に一度のご本尊御開帳のイベントで、
高知県在住の歌と三味線奏者、今井田歌 氏と
京都府在住の揚琴奏者、友枝良平 氏と一緒に
客殿にて、演奏をさせていただきましたが、
その折に、巨大な十一面観音様を拝みました。
次の御開帳まで動ける状態で生き延びて、
また拝ませていただきたいものです。

Gohukuza

御開帳の西大寺客殿での演奏とともに、
五福座さんでもライブもやらせていただき、
その時にお世話になりました森家さんも
今回のライブに聴きに来てくださいました。

Tamayura

余談ですが、ライブ写真にたくさんの玉響が!
小林君曰く、これはムーという雑誌に投稿すれば、
掲載されるに違いないクラスのものらしいです。

野村さんとライブの実現にご尽力いただいた皆様、
聴きに来てくださった皆様に、感謝しています。

合掌

|

« Live at Penny Lane | トップページ | 野間寺 春彼岸供養インド音楽鑑賞会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Live at 野村帽子店:

« Live at Penny Lane | トップページ | 野間寺 春彼岸供養インド音楽鑑賞会 »