« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.24

OZ Yamaquito Flamenco Vol.26

Yamaki

新宿伊勢丹にあるフラメンコ専門店の老舗
エル・フラメンコでのYamaquito Flamenco Live

Chacha

今回は、OZと題しての新たな試みのライブで
いろいろな工夫の成果が披露されました。

Karasu

会場は盛況で満員御礼!

Kaichacha

出演者、プログラムは以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドロシー チャチャ手塚
トト 令 & 海
カカシ ジャマキート
ブリキの木こり 永潟三貴生
ライオン 三枝雄輔
カラス&オズの住人 
坪倉薫 小篠早苗 川端淳子
淡路たみ 伊藤克美 出口尚子

ギター 山崎正  小原覚
カンテ 水落麻理
バイオリン 平松加奈
ベース 五十川博史
ウード つのだたかし
タブラ 逆瀬川健治 

Miki

プログラム
1 迷い込んだドロシー(プロローグ)
2 カカシの悩み(コロンビアーナ)
3 カラスにいじめられるカカシ(ガロティン)
4 願いを叶えに(ティエント)
5 ブリキの木こりの願い(セッション)
6 心はどこに(ルンバ)
7 ライオンの叫び(ソレアレス)
8 勇気を探す旅に(ブレリア)
9 エメラルドの都(アレグリアス)
10ドロシーの願い(ルンバ)
11オズの魔法使い(タラント)
12みんなの願い(フィナーレ)

Lion

オズ (プログラムより転載)

オズの国に迷い込んだドロシーと愛犬トト
ドロシーの歌に希望をもらった脳みそがないカカシ
心がないブリキの木こり勇気がないライオン
オズの魔法使いに願いを叶えてもらう旅に出る。

エメラルドの都に着いた3人の願いは?
ドロシーと旅する中で、知恵、心、勇気、
それは自分の中にあることをドロシーに教えられた
では、ドロシーの願いは?
旅の仲間、愛情、そして本当の家族も
すべて手に入れていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
All Photos by Ms.Miyuki

ライブ終了後、飲み屋さんで打ち上げ会があり、
みんなで歓談の楽しいひとときを過ごしました。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.22

京都教育大学レクチャー

Tree

京都教育大学付属教育実践総合センター 主催で、
教育について考えるシンポジウム、セミナー、
ワークショップが、京都教育大学校内にある
音楽演奏室のホールに於いて開催されました。
京都教育大学音楽科教授の田中多佳子 先生による
司会と詳しい音楽や楽器の解説とともに、
東京芸術大学で講師を務められている
スシュマ小俣先生のシタールによる
北インド古典音楽と日本の曲の演奏の
伴奏と短いタブラソロや楽器紹介も交えて
参加させていただきました。

Gassou

演奏前には、田中先生の研究室にて、
インドのいろいろな話を聞かせていただき、
勉強になる楽しいひとときを過ごしました。
また、昨年に出版したの先生の著書である
ヒンドウー教徒の集団歌謡
 〜神と人の連鎖構造〜
という分厚い本をいただきましたが、
音楽とその背景にある思想、風土、歴史など
たいへん詳しく書かれた専門書でした。
ヒンドウー語もとても堪能な方で、
現地での調査をかなりされて来られたそうです。

Sareekituke_2

スシュマ先生とシーマさんより
サリーの着付けの指導もありました。

Kinenphoto

記念写真の撮影は、みんなでナマステ合掌

講演時間まで待機していた大学校内では、
学生たちの熱心に稽古する音が聴こえてきて、
とてもよい刺激になる時間を過ごしました。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃山小学校での授業

Img_9537

京都教育大学付属桃山小学校 での
京都教育大学音楽科教授の
田中多佳子先生の授業に、

Gassou_2

スシュマ小俣先生の演奏するシタールの伴奏と、
タブラの楽器紹介で、参加させていただきました。

Tablaexperience

授業は、インド、ネパールについての話や、
演奏を見て、聴いて、楽器に触れるなどで、
生徒たちにとって、新鮮な体験のようでした。

Kaisetu

シタールと他の弦楽器との違いについて、
小学校の先生方がギター、三味線を弾いて
それぞれの楽器の音色や弦、構造、素材、
演奏に使う道具などの違いについて、
生徒たちがそれぞれの意見を述べるなど、
とても積極的な雰囲気の授業でした。

先生方には、とても快く迎えていただき、
お昼には、特製カレーをごちそうになりました。

後日、高橋詩穂先生より丁寧な手紙と共に、
生徒さんたちの書いた授業の感想文と
学校だよりを送っていただきました。
6年生は今、世界の音楽を学習中だそうで、
初めてインド音楽を聴いたとのことでした。
実際に楽器に触れる機会もあったので、
新鮮な気持ちが感想文に書かれていました。

初めてタブラに触れた時の記憶が蘇ってきて、
初心忘るべからず!ということを思いました。

感謝、合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

Live at 星ヶ丘洋裁学校

Gate

枚方市星ヶ丘洋裁学校 に於いて、
シタール奏者のスシュマ小俣先生の伴奏と、
タブラの楽器説明や短いタブラソロの演奏を
やらせていただきました。
歴史のある古い木造建築の学校でしたので、
「校学裁洋丘ヶ星」の表札が印象的でした。

Gassou_2
photo by Mis.Noriko Yoshinaga

天気に恵まれつつ、たくさんの人が集い、
和やかな雰囲気の中でやらせていただきました。

Misshintani
photo by Mis.Noriko Yoshinaga

スシュマ先生のインド留学時代の友人である
新谷さんには大変お世話になりました。

Nudekanban

同時開催していたヌード展の会場でしたので、
たくさんの方の絵画、オブジェなどの作品を
拝見させていただきました。
みんな裸でこの世界にやってきたことを
あらためて想うひとときでした。

打ち上げ会では、集った方々の自己紹介など、
皆さんのいろいろな話を聴かせていただきました。
また、ケータリングをやっている方のつくった
オリジナルテイストの食事も美味しかったです。

100万人のキャンドルナイトにも参加。
夏至の前夜8時〜10時の間に電気を消す、
という全国的な呼びかけにみんなで参加して、
明かりはロウソクだけという状態になりましたが、
電気のない、自然の時間を感じるひとときでした。
空から見た日本の景色はどのようだったのかな?

打ち上げ会では、たくさんの参加者の中で、
男子は、館長の中山さんと私の2人だけで、
洋裁学校であることを想うひとときでした。

Sora

機械化の発展と経済原理優先体制の流れで、
手仕事の役割が失われつつある時代ですが、
手作業によって開発される人の能力開花などは、
精神面に於いても大事なことだと想う次第です。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.15

Live at 楽や

Viewofshop

島田烈生氏の呼びかけによるインド音楽の集いが
高円寺のライブスペース「楽や」にて開催。

Leo

パカワジ独奏 島田烈生

Takahasisim

タブラ 高橋直哉 イスラジ 島田博樹 

Kasaharasatoh

タブラ 佐藤哲也 ヴォーカル 笠原直人

Ryuuyuuichi

タブラ 龍聡 サロード 関口祐一

Satohryuusim

イスラジ 島田博樹 & ハルモニウム 龍聡
タブラ 佐藤哲也、佐志原和人、逆瀬川健治

ハルモニウムとイスラジによる伴奏で、
タブラソロのリレー演奏をやりました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.13

中村仁インド音楽リサイタル

Sitar

今年も中村仁 インド音楽リサイタルが
杉並公会堂に於いて開催されました。

Gassou

出演者 & スタッフ

シタール & イスラジ 中村仁
タブラ & ドーラック 逆瀬川健治
タンプーラ & パーカッション 根城
司会 & パーカッション 八幡

スタッフ
音響 島田博樹
照明 香西
サリー 着付 福田
舞台ディスプレイ 中村経子

Esraji

主催:J.I.N ミュージック アソシエーション

Dolac

舞台は、中村仁教室の生徒さんたちと
逆瀬川教室の生徒たちの協力によって、
短い準備時間にもかかわらず、
構築、撤収は完璧に進行しました。

コンサート終了後は、近所の飲み屋さんで、
打ち上げ会があり、歓談の時を過ごしました。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.11

Live at Zinc

Withmorozumi

先日に3日間のライブを一緒にやらせていただいた
フルート奏者、深津純子 氏の誘いで、
浅草の雷門の近くにあるZinc さんでのライブに
参加させていただきました。

Withhiro

出演
フルーティスト 深津純子
ギタリスト ファビアーノ・ド・ナシメント
ピアニスト 両角ひろ
パーカッショニスト 逢坂たむ
タブラ奏者 逆瀬川健治 

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.08

Live at 音や金時

Makotophoto
photo by Mr.Makoto Fukatsu

フルート奏者&コンポーザーの、深津純子氏と
ブラジルのリオデジャネイロ出身で
現在は米国のロスで活躍しているギタリスト、
ファビアーノ・ド・ナシメント氏との
トリオによるライブ3日目は、
東京の荻窪にあるライブハウス音や金時

深津さん、ファビアーノさんのオリジナル曲と
ブラジルの曲など、いろいろな合奏曲を演奏、
ファビアーノ・ド・ナシメント氏のギターソロや、
私のタブラ独奏などのプログラムも交えて進行。
深津さんのフルートの演奏は素晴らしいですが、
歌も大変上手で、ボサノヴァの曲も歌いました!

Withhiro

館山出身の逢坂たむさんがサンバの曲に、
パンディーロの演奏で参加してくれました。

熟練した佐々木さんの音響によって、
とてもよい音環境でやらせていただきました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.07

Live at グラスフィッシュ

Kanban

館山のガラス工房グラスフィッシュさんの工房で
フルート奏者、深津純子氏と
ギタリスト、ファビアーノ・ド・ナシメント氏との
トリオによるライブをやらせていただきました。
とてもよい天気に恵まれて、
自然に囲まれた場での心地のよい時間でした。

Frontphoto
photo by Mr.Makoto Fukatsu

グラスフィッシュの広いガラス工房の中で、
コンサートは休憩もふくめて3時間ほどの
長目のライブとなりました。
たくさんの人が集い、とても賑やかな空気で、
皆さんからのアンコールも何度かあり、
とても盛り上がったライブでした。
タブラソロのリクエストもありましたので、
楽器の説明とボル(言葉)を言ったりしながら
短いソロをやらせていただきました。

Ohbaphoto

グラスフィッシュの大場匠さんが、
とてもリラックスした和やかな時空間に
みんなを導いてくれました。
夕暮れコンサートの写真が掲載されてます。

来る7月15日から21日まで
松屋銀座7階アートスポットにて
個展を開催される予定とのことです。

演奏終了後には、その場で打ち上げとなり、
ライブの実現に尽力されたコアの川名さんによる
手造りの本格的なチキンカレーと
美味しい料理ををいただきつつ歓談し、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

Backphoto
photo by Mr.Makoto Fukatsu

後日、深津まことさんが撮影された写真を
送ってくださったものを
掲載させていただきました。

明るく和やかな集いに参加させていただき、
みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

ふれあいコンサート at 紫雲寺

Gassou
photo by Mr.Hidetosi Katagiri

これまでに何度もお世話になっている
館山市白浜の紫雲寺 さんでのふれあいコンサート
国際的に活躍されているフルート奏者、
深津純子 氏が中心となって
いろいろなユニットでやらせていただいてます。

今回は、ブラジルのリオデジャネイロ出身で、
現在は米国ロサンジェルスに在住のギタリスト
ファビアーノ・ド・ナシメント 氏が来日し、
異色なトリオでの演奏会でした。

早朝に家を出て、館山の深津宅のスタジオに行き、
打ち合わせをしてから紫雲寺さんに向かいました。
ファビアーノ氏は才能豊かな気さくな青年で、
ブラジルやロサンジェルスの話をしてくれました。

コンサートはとても和やかな雰囲気の集いでした。
ブラジルの曲、深津さんの曲、ファビアーノ氏の曲
と、いろいろな曲を演奏させていただきました。
7拍子の曲などもあり、緊張感のある舞台でした。
曲によって、調律した3つのタブラを使いました。

不思議なことに、鳥という曲をやろうとした時に、
なんとツバメが一羽、本堂の中に入って来ました!
予知能力で察知して聴きに来たのかな?

Katagiri

いつも大変お世話になっている
レコード店STEP の片桐英俊さんのお導きで
とても和やかな雰囲気でやらせていただきました。
また、撮影した写真を送ってくださったので、
合奏風景写真を使わせていただきました。

Hureaihausu

今年もふれあいハウス のパン屋さんが出店
天然酵母の美味しいパンをいただきました。

今回はいろんなキーの曲をやるために、
タブラをたくさんもっていっていたので、
ケースをひとつ、置き忘れてしまったのですが、
翌日、千倉のグラスフィッシュさんまで
わざわざご住職が届けに来てくださって、
大変恐縮いたしました。

長年に渡って、紫雲寺さんはじめ館山の皆様には
大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.05

Live at マユール

Kanban

毎月第一金曜日にやらせていただいている
インド料理店マユール でのライブ
シタールとタブラによる音楽演奏と人形劇

Gassou

シタール  辰野基康    
タブラ 逆瀬川健治   
タンプーラ 田部久美子

Ningyougeki

人形操作 萩平由季
司会、語り 御所園幸枝

Katoutatuno

演奏前に、シタール奏者の加藤貞寿 氏が
ライブの打ち合わせに来ていて、
久しぶりに再会しました。

遠路はるばる天草から、
天草在郷美術館 の笑平さんが
子供さん、友人と一緒に来てくれました。

沖縄出身の歌姫、河野裕子さんが来てくれて、
休憩時間にお話をすることができました。
こんど歌を聴かせていただきたいです。
旦那さんは相模湖にある工房で
楽器制作をされているとのことでしたが、
機会がある時に、拝見しに伺いたいです。

お店のみなさんにはいつも歓待していただき
感謝の気持ちでいっぱいです。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »