« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.30

Pray for Harmony

Gassou

東京の上野文化会館小ホールに於ける、
シタールサマージュ主催によるコンサート
    >>> Pray for Harmony <<<

Sushuma

シタール奏者のスシュマ小俣先生は、
ネパールのカトマンズ出身の方です。
政府奨学金でインドのタゴール大学に留学し、
音楽、演劇、舞踊を専攻されています。
また、バローダ大学でシタールを専攻し、
主席で卒業されています。
ネパールに帰国後、政府情報相文化局に勤め、
国立女子大学でも教鞭を執っていましたが、
1973年に小俣さんと結婚して来日して以来、
日本でシタールを指導して来られました。
シタールサマージュでの教室とともに、
東京芸術大学非常勤講師として、
シタールの指導をされています。
演奏家として、BBC放送、バングラデシュのTV、
韓国国立劇場、日本全国各地での
多数の演奏活動をして活躍されて来られました。
また、15年前より、SEWAの会の活動を展開し、
ネパールで、女子教育支援運動を続けています。

Gassou2

いろいろな機会に伴奏させていただき、
先生のところに稽古に伺った時には、
美味しいカレーをごちそうになったり、
長年に渡り、大変お世話になっています。

Tablasolo

高校時代より、シタールを小日向英俊氏、
その後、スシュマ小俣氏に師事している
千田博己氏がハルモニウムで伴奏してくれて、
短いタブラソロの演奏をやらせていただきました。
千田さんは、シタール演奏とともに、
中南米音楽演奏グループ「エスペランサ」でも
演奏活動を行っています。

Kobinata

司会と解説を担当してくださった小日向英俊氏は
スシュマ先生にシタールを学んだ後に、
バナーラス・ヒンドゥー大学大学院卒。
クリシュナー・チャクラヴァルティ氏に師事し、
シタール演奏、北インド古典音楽を研鑽。
その頃に、ヴァラナシを訪ねた折に出会い、
小日向さんの滞在先で一緒に稽古したり、
グルジにも稽古をつけていただく機会もあり、
とてもよい勉強をさせていただいています。

現在は、国立音楽大学学理科で、
民族音楽の指導をされています。
また、古典音楽のシタール演奏家として
研究者として、多彩な活躍をされています。
演奏前には、シタールの調整もやって、
恩師のコンサートに尽力する律儀な方です。

Kaijyou

当日は、雨模様の天気にもかかわらず、
会場はとてもたくさんの方で賑わい盛況でした。
在日ネパール大使も来られていました。

Talk

北インド古典音楽、ネパール民謡、東京音頭、
夏の思い出など、たくさんの曲の演奏と
楽しいお話で和やかな雰囲気のひとときでした。

Aisatu
All Photos by Mr.Seizo Terasaki

出演者とスタッフ(敬称は略させてください)

シタール スシュマ 小俣
タブラ  逆瀬川健治
ハルモニウム 千田博己
タンプーラ 丸山菜津子
司会 解説 小日向英俊
音響 西沢 三浦

Frayer_7 Friyer3 Friyer2_3

デザイン Tropical Buddha Design 上原正巳
写真 寺崎誠三
& シュスマ先生のたくさんの友人の皆様

Uenobunkacenter
photo by kenji sakasegawa

会場:上野文化会館小ホール

主催:シタールサマージュ
後援:ネパール大使館 SEWA

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.24

Live at Afterhours

>>> 音速蹴弾2009夏 Vol.2 <<<
島田烈生氏企画によるライブが、高円寺にある
AFTERHOURSというお店で開催されました。

Leo

ご挨拶の後に、パカワジソロを島田烈生氏が演奏し
ライブはスタートしました。
因に、島田氏のニックネームはガネーシャですが、
パカワジを演奏する太鼓の神様でもある
ガネーシャ神は、障害を取り除いてくれるので、
物事を始める時に拝まれている神様です。
そのようなガネーシャ神のおかげもあって、
ライブは順調に進行しました!

Roshanfaner

続いて、ガザル歌謡のグループとして活動し
先日にCDも制作している、ローシャンファナーの
桜井ひさみ氏とサッティヤジーヴ氏の演奏があり、
私は、時々ご一緒させていただいているので、
今回も、タブラで2曲程、伴奏で参加しました。

Kurihara

次に北インド古典音楽の演奏を
シタール奏者の栗原 崇氏が演奏し、
アーラープ(シタールの独奏するパート)の後に
ガットというリズムの入るパートで、
ジャプタール(10拍子)とティンタール(16拍子)
というリズムで伴奏をしました。

最後に、タブラリレーというタブラをやってる人が
参加して、ハルモニウムの伴奏とともに、リレーで
ソロ演奏をしていくという企画もあったのですが、
タブラをやってる人が来ていなかったので、
島田氏がお客さんにタブラの基本奏法を指導して、
みんなタブラに触れる時間を過ごしました。

今回のライブを企画してくれた島田烈生氏と共に、
スポンサーの皆様、ご参集いただいた皆様に感謝!

(株)システムジャパン・島空・SJ物流・
妻沼聖天山歓喜院・来迎寺・大光寺
日本音楽療法楽士協会・林医院・楽や

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.22

Live at ROBANOMIMI

サーランギ奏者小林祐介氏の導きにより
浜松にある多国籍レストランROBA NO MIMIで
ライブをやらせていただきました。

Kanban

北インド古典音楽と民謡の演奏
サーランギ 小林祐介
タブラ 逆瀬川健治

Gassou

会場のディスプレイは、
ろうそくデコレーション
しゃから
ひょうたんデコレーション
中村隆太

開演前と休憩時間には、DJの
ASIA氏が音環境を担当

伊藤慎吾氏の経営するROBANOMIMIでは、
バイキングでいろいろな美味しい食事を
ごちそうになりました。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.11

Live at マユール

Mayurgate

立川にある本格インド料理店マユール
毎月第一金曜日にやらせていただいている
シタールとタブラによる音楽演奏と人形劇
という定例ライブでした。

Liveclip_2

出演者は恒例のメンバーでした。
シタール  辰野基康 
タブラ 逆瀬川健治   
タンプーラ 田部久美子
人形劇 
人形操り 萩平由季 
語り 御所園幸枝

Papet

9月には、インド舞踊も入る予定になっています。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.02

バジャンと北インド古典音楽

北インド古典音楽 & バジャンの夕べが、
関口祐一氏の呼びかけで開催されました。

Img_bhajan1
Photo by Ms.Kazue Yano

バジャン インド 神への讃歌
ニシュチャラ あやこ Vocal
アーラティ ももこ Tabla

Img_yuuichi
Photo by Ms.Kazue Yano

北インド古典音楽演奏
関口祐一 Sarod
逆瀬川健治 Tabla

会場:SYVC−JAPAN

最後に、会場のみんなでバジャンを歌いました。

感謝、合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »