« 2011年4月 | トップページ | 2013年3月 »

2011.05.31

Live at 倉敷物語館

>>> 癒しのインド音楽 <<<

ナマステ倶楽部 オリジナル曲
ギター 中村裕
シタール 野崎伸二
タブラ  矢吹隆裕

北インド古典音楽

シタール 井上憲司
タブラ 逆瀬川健治

最後に、全員で即興音楽セッション

演奏前には、インタビューの収録もあり、
倉敷のケーブルTVで放映。

会場:倉敷物語館2階

パラダイスミュージック主催による
平成23年度倉敷市市民企画提案事業

共催 倉敷市 
後援 (株)エフエム倉敷・パームミュージック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

Live at カフェ・ド・萠 in 笠岡

北インド古典音楽と即興セッションのライブを
カフェ・ド・ 萌さんでやらせていただきました。

P1150742

ギター 中村裕

P1150735

シタール 井上憲司

P1150740

タブラ 矢吹隆裕
タブラ 逆瀬川健治

久しぶりの萠さんでのライブでしたが、
マスターが亡くなられてしまって、
奥様が引き続き経営されていました。
これまでにマスターが撮影されていた写真が、
たくさんのライブ風景が貼られている前で、
追悼の気持ちで演奏させていただきました。

岡山では、30年来、お世話になっている
ギタリストの中村裕氏と一緒に、ライブ、
セッションをやらせていただく機会が多く、
中村裕氏の紹介で知り合ったドラマーの
矢吹隆裕氏に、タブラの指導をすることになり、
倉敷では、いつも歓待してくれて、
とてもよい時間を過ごさせていただいてます。
二人共に、自主制作CD「にぎみたま」にも
参加してくれています。

掲載させていただいた写真は、
井上憲司氏の紹介でお会いして以来、
倉敷でのライブを企画していただいたり、
遠くでのライブにも来てくださったり、
これまでに、大変お世話になっている、
岩田正晴氏が撮影して送ってくださったものです。

感謝、合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.28

Live at 旭屋 in 高松

>>> インド音楽とワインの夕べ <<<
インドワイン2種+ワンプレーとインド料理付き

Img_gassou

シタール 井上憲司
タブラ 逆瀬川健治

会場:旭屋

終了後、姉妹店バンディーバで、
投げ銭ライブ演奏

Img_roof

P.A.と高松の街を案内してくれた
JINTAROさんに感謝!
奥様は手作りの縫いぐるみを制作して
楽しいサイトをやっています。

Img_machi

日本一のアーケードがある高松の街を散歩
台風2号が接近していて雨でしたが、
アーケードのおかげでゆっくり歩けました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.27

Live at Second-stage in 高松

シタール奏者の井上憲司氏と一緒に
高松、笠岡、倉敷、京都、郡上八幡を
巡る旅をしました。

Img_akasikaikyoubridge

明石海峡大橋を渡って四国に入りました。
淡路島にフェリーで渡っていた頃を思い出すと、
橋の威力というものを痛感しました。

Img_secondstage

>>> 北インド古典音楽演奏 <<<

シタール 井上憲司
タブラ 逆瀬川健治
 
高松でヒーリングの仕事をされている
笠美輪子氏のお導きにより、
高松市郊外の自然環境が豊かな所にある、
セカンドステージというホテルの広間で
演奏しました。
終了後には、ホテルの温泉もご馳走になり、
よいひとときを過ごさせていただきました。

感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

中村仁 インド音楽 リサイタル

Img_jin1

シタール、イスラジ 中村仁
タブラ 逆瀬川健治
 
Img_jin2

会場:杉並公会堂小ホール

中村仁さんには、1978年に
シャンティニケタンでお会いして以来、
いろいろな機会に伴奏を務めさせて戴き、
とてもお世話になっています。

感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.06

芸術学総合講座 at 日本大学芸術学部

芸術学部創設90周年記念特別講座 
芸術学総合講座III
「アジア共同体としての芸術の価値と役割」

シタール演奏、講義 小日向英俊
タブラ伴奏     逆瀬川健治

マネージャ/コーディネータ:
野田慶人/木村政司(日大芸術学部)

会場:日本大学芸術学部内小ホール
(西部池袋線江古田駅北口より徒歩2分)


日本に外国の音楽が伝搬された歴史など、
大変よい勉強をさせていただきました。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2013年3月 »