2004.02.21

技術の習得

「 雨垂れ石を穿つ 」・・・鶴林玉露
宗の羅大経(廬陵の人)が編纂した十六巻の書で,
天・地・人の三集に分け,
文士・道学者・山人の 言葉を記したもの

雨垂れの水滴でも、
長い時間をかけて同じところに落ち続ければ、
石に穴をあけることもできる。

どんな小さな力でも辛抱強く、根気強く努力すれば、
いつかは必ず成功するということのたとえ。

image_taki01.jpg

タブラの稽古について、
「 毎日食事をとるように稽古をすることが大切!」
師匠がいっていました。

「 雨垂れ石を穿つ 」というように、
技術の習得は、日々の稽古を続けることで、
必要な筋力、神経制御力、思考力、などを鍛えて、
少しづつ身体で憶えてゆくことが基本となります。

合掌 kenjee

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.01

「にぎみたま」の皿

戸隠在住の陶芸作家、小山智徳さんが、
CDを発表したお祝いにつくってくれた皿です。
このところキナ臭い時代になってきていますが、
さらに、にぎみたまの働きが顕現してゆくことで、
平和な世界が実現してゆくことを祈るばかりです。

pic_0052.jpg

にぎみたま(和魂)NIGIMITAMA

和合し個を超えて調和慈育する働き。
平和、仁慈の徳をもつ神霊の作用のひとつ。
直霊(なほひ)の働き=荒魂、和魂、幸魂、奇魂。
A soul that works for togetherness.

合掌 kenjee

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

CONTENTS 目録 | 文化・芸術 | 音楽